記事の詳細

リフォームを決めたときにはまず見積もりをしてもらうことが最初におこなわれるかと思いますしかし、その見積もりがオーバーしてしまったときには、そのままおこなってもらうしかないのか、断念するしかないのかと思ってしまいますが、その前に以下のことを試してみることも良いかもしれません。

見積もりの見直しを再度してもらうということを担当者に伝えて、予算内での提案や再見積もりを提案してみるのも手かもしれません。何かをあきらめなくてはいけないときは、その優先順位を明らかにしておくとスムーズに話を進めることが出来るかと思います。

計画自体を断念しなくても何か部分的にあきらめるだけでも最も優先的にやりたかったことが実できる可能性があります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る