記事の詳細

マンションをリフォームする場合には一戸建てとは違う観点があり、一戸建てと最も違うところは限られた空間の改装に留まるというところです。

マンションは専有部分と共有部分にわかれていますので、専有部分のリフォームのみが可能となっています。ですので、ベランダ・窓・玄関ドアなどの共有部分衣関するところはリフォームすることができません。

専有部分であっても、管理規約の範囲内にかぎられていますので、天井等の基本構造部分に関するところは帰ることが出来ません。

構造形式を調べる必要があり、マンションの構造には壁式構造とラーメン構造があり、壁式構造は、柱や梁が無いすっきりとした部屋になってしまいますが、その分、地震に強い床や壁にしていますので、リフォームに制限があります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る