記事の詳細

塗り替えでも効果があまり現れない場合にはでに載っている屋根材の上に新しい屋根材をかぶせる手法を用いたカバー工法という方法があります。
カバー工法は化粧スレートが付けられた屋根によく用いられる工法でその理由としては、去に使われた化粧スレートにはアスベストが含まれており、その撤去に莫大な資金がかかってしまうことになります。

自宅の屋根化粧スレートや金属屋根が傷んできたので屋根を変えたいといったことや今は屋根にそこまでお金をかけたくないといった方向性に向いているかと思います。
すでにある屋根の上に新しい屋根材を付けるので、屋根の重量を軽くしたいときにはカバー工法には化粧スレートや金属屋根材が使用されることになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る